ギザギザ葉ぼたん&菊人形2&母の話2

きょうはいいお天気、でも寒い日です。10℃以下、
寒いわけですねー。
庭仕事はさーっと、見回るだけかな、見回ると、
裏に植えていた、去年のギザギザ葉ぼたんが、
目にとまり、大きな鉢に植えてみました。
小さな葉ぼたんが、一年で大きくなりましたね。


画像
朝植えて、チョット前、写したら、
クシャとなってました。明日は、ピンとなっているでしょう。
画像
もう一株はまだ庭にあります。
どんな使い方をしたらいいかな?考え中。

白い花
画像
ユーフォルビア・白雪姫
ダイヤモンドフロストより、蔀が大きいです。
寒さに弱いので、サンルームで輝いています。


菊人形へ

画像
菊と紅葉と松のコラボです。
画像
毎年、菊人形は、NHKの
大河ドラマをテーマに、作ります。
今年は、もちろん、天地人です。
画像
画像
画像
城跡の起伏を活かし、自然と一体に菊人形や、素晴らしい菊が
飾られたいます。相生の滝も、ステキです。
画像
観音様もありました。
どこも、紅葉と枝振りの良い手入れのされた松、
雨でも、気持ちよく周りました。


明日も、千厘菊など、APしますので、
また、見てくださいね。



きょうは、18日
母の話を少し書きますね、
祖母と母の2人暮らしも、蚕の糸取りだけではなかなか、儘ならず、
祖母は、再婚しました。大久保小町と言われていた美人さんで、
嫁ぎ先は、すぐに決まったそうです。
子供に、米の飯を食べさせたい一心で、農家に嫁いでいきました。
でも、だめでした。腹いっぱい食べさせたいと願ったのが、
毎日、芋飯、芋がら飯、米はほんの少しでうすーい汁と、
そして、祖母自身も、糸取りをずーと仕事にしていた人で、
農家の仕事にも、耐えられなかったのでしょう。
夜中に、この家を飛び出したそうです。母4歳の時でした。
真っ暗な中、坂道を転がりながら逃げたと、4歳の記憶すごいですね。
続きます~


この事を、母から何回も聞かされました。
母にとって、自分が母親に愛されていると、
実感できた唯一の思い出だったのでしょう。
亡くなる何日か前にも、この時のこと、
88年前のことを、しみじみ言ってましたよ。



母90歳の時、二本松の菊人形会場で
作った、テレホンカードです。
画像
今は、テレフォンカードは作って
いませんよね、でも、いい思い出です。



↓↓ぽちっとお願いします。↓↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福島情報へ

にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ

ランキングに参加させて頂いております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月18日 22:47
やはり日本一の菊人形は凄いですね。

おばあさんの話はドラマのような話で、ナニナニさん、小説にしてはいかがですか?。

私の母も“おしん”のような話を、亡くなる1年ぐらい前から話し始め、一緒に生家跡から、自分が里子に出されそうだった家、奉公した店を回ってみました。
今、思い出すと涙が出ます。
2009年11月19日 00:22
紅葉と菊人形、ステキでしょう。

明治の女の人は、並々ならぬ、苦労をした人が
多いですよね、あの、:おしん:のような
人生を送った人は多いと思います。
すいせんさんのお母さんも、やはり、苦労した方
でしたか、一緒に思い出の地を歩いたことは、
お母さんも、うれしかったと思いますよ。

この記事へのトラックバック