古代エジプト 神秘のミイラ展へ&久しぶりの筑前煮

きのう、福島県立美術館へ行きました。
まずは、こちら図書館です、
画像
1984年7月に完成しました、もう26年経ってるのですね、
ここは信夫山の麓、福大経済学部のキャンパス跡地に建てられました、
前も緑が多く、中学時代によく遊びに来た所です。
画像
こちらが、美術館です、図書館と同じ時期に建てられました。

古代エジプト 神秘のミイラ展へ、
沖縄、福島、群馬高崎、岡山と今年の6月~来年の8月まで、
開催されるもようです、福島は9月18日からでした、
やっと、来ることができました。
もちろん写真はダメです、ので、展示品の説明本を買いました。
実際見ても直ぐ忘れる人ですからねーーー。笑
画像
表紙です、アンクホル(紀元前700年の神官)の棺が写してあります、
ミイラ、内棺、中棺、外棺と3つの棺に納められていて、
2700年前のものとは思われない、装飾でした、
画像
これが、外棺です。
絵文字、文字が彫られています、文字が縦書きでした、びっくりです。画像
画像
ミイラは心臓だけは体に残して作ったそうです。
その心臓の所に、左のスカベラを、スカベラはフンコロガシのことです、
復活の意味があるそうです。
右は、神像の飾りです、テラコッタにこのブルーの色、2700年前ですよーーー。
驚きの連続でした、じっくり時間をかけて見ましたが、
気持ち悪くはなかったですよ、最後に、エジプトのDVDを観て帰りました。
これだけの展示はなかなか観られません、
まだ行ってない方是非行ってください、感激すること間違いないですよ。
有意義な日でした、
画像
外に出ると、秋の空がぁーなんて素敵なんでしょう、
この空の続きが、きのう載せたあの、真っ赤かの空、
画像
また載せましたぁー。

このまま、食料品の買い出しへ
たけのこの水煮を買いました、何ができるのかな?
画像
筑前煮です、私が大好きなのです、
でもめんどうでなかなか作らなかった、やっとこさぁー、作りました。
鳥もも肉、レンコン、サトイモ、にんじん、ごぼう、
たけのこ水煮、干し椎茸、そしてさやえんどう、材料そろえるが大変です、
大きな鍋に、いっぱい作りました、これで、赤ワインを、けっこう合ってましたよーーー。
ごちそうさまでした、自分にです。

また、あとから花ブログと紅葉の模様を


↓のどちらか一つをポチしてください、
  毎日更新の励みになっています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

pochiko
2010年10月30日 23:05
観て来られたのですか~
ミイラ展、私も見たいと思ってました。
凄かったでしょうね~~
あの夕焼けは会津ばかりではなかったのですね。
こちらも同じような真っかな夕焼けでした。
私も筑前煮大好きです。
若い時はあまり食べなかったんですけどね~
お年のせいかしら?
2010年10月31日 08:02
観てきました~
少し怖いかなと、でも完全なミイラも装飾ですね。
どうしてあんな文明が、3,000年前からと、びっくりの連続でした。
私は、母の遅くの子、小さい時から大好きでしたよ。

この記事へのトラックバック