あの頃を思い出して。

強い雨ではありませんが、ずーと降ってますね、
画像
画像
今、木曜フラが終わりました、
1時間半びっちり踊りました、おしゃべり1時間弱、
ゆるく楽しくをモットーにですが、きょうはたまにびっちりでした。(笑)
私を思ってくれて、
今月3回、来週で終わりでいいですって、
シニアハウスにお出かけくださいと優しいお言葉。
嬉し~い。

朝は、母の月命日参りへ、
雨が降らないうちに、
前の日にいつものようにお掃除をしてくれていました、
自分も気持ちが良いと言うので、お言葉に甘えています、
だから、花とお線香を手向けるだけ、前とは大違い、感謝感激です。

家に帰ってまだ雨が降ってないので、
北向き花壇にもお馬のたい肥を施して一安心を。

画像
画像




午前中暇なので、
前のブログを読み返してみました。

2011年3月11日以降のブログを。

風評被害に怒ってた私が色々と書いてました、
熱かったですね。
あの頃は、煽って楽しんでいるやからも多かったのでしょう、
分からないことだから余計に、
双葉や大熊から遠い福島市でも、心つぶれる人も多かったし、

7年経つのですね、月日の流れは速い、

あの年の3月の終わりごろに、

今夜7時のラジオ福島で、いーい話が、
大和田さんという女性が、福島出身なのかな、
広島市で募金活動を、

そこに、94歳の女性が寄付に歩いて来たそうです、
広島原爆が落ちた近い場所(1.2キロ?)に居たそうです、

その時何も食べる物がない、道端の葉や食べられそうな物を
食べて生きてきたと、だから、

今の食べ物が放棄されていることが耐えられないと、
近くで被爆しても94歳まで生きてきた、だから大丈夫だと、

すごい励ましの言葉ですね、
私には、仕事があります、留守番という仕事がと、言っていたそうです。

会津出身の中国電力、マラソン選手、佐藤敦史さんも、
募金活動に参加してくださったと、そして、400万が集まったと、
嬉しいニュースです。

おばあさま、広島在住の荒井ミツエさん、(存命だったら100歳越えてるね。)
今、福島県に住んでいる人たちに、
素晴らしい応援になりました、本当にありがとうございます。


このニュースを嬉しく聴いてました。


4時ごろなのに暗い、雨が降り続いています。


またね



にほんブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村
バナーをポチしていただけると嬉しいです。
(1日1回有効です。)




庭・花壇づくり ブログランキングへ

お手数かけますが、こちらも宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年03月08日 18:36
あれから7年。最近テレビでよく報道されますが、まだまだですね。熊本など比じゃないです。東北は取り戻せないものが多すぎる💦それでも、前に進むしかない。それなら、明るく!ですよね👍
2018年03月08日 20:10
ALOHAさんへ
まだ疑い深い人が居るし、あの時のトラウマがまだある人とか、故郷に戻れないと諦めることも大切かなと。
住めば都だから、そこで暮らせばいい、私は簡単に考えています。
maikailoa
2018年03月09日 14:49
学校や役所を作っても住民が少ししか帰ってこないところも
あるようで、帰れない事情もいろいろあるのでしょうが
「人がいなくてこれからどうなるんでしょう?」というおばあさんの言葉に胸が痛みました
ナニナニ
2018年03月10日 06:56
maikailoaさんへ
1割も帰っていません、死んだ街になっています、若い人は帰りません、都会の(田舎の都会ですが)暮らしが便利で7年ですからね。